osho talks & books

messages from all enlightenment masters

Until You Die / あなたが死ぬまでは

Until You Die / あなたが死ぬまでは
 
 
 
限りなく優しく温かく心地よい
温泉のような源泉の中は
とろんと溶けてしまいそうな
あま〜い愛で満たされている。
 
源泉の中にいると、
 
時間の感覚はなくなり、
 
過去も未来もなくなり、
 
あるのは今だけになる。
 
 
 
 
ある日、宇宙の大洪水がやってきた。
 
それは突然やってきた。
 
なんの心の準備もなく、
 
なんの予備知識もなく、
 
宇宙が突然、一気に入ってきた。
 
「私」という風船に空気がいっぱい入り込んだように、
 
「私」という風船がはち切れて壊れてしまうと思ったから、
 
直感で瞬時に「私」をポイっと捨て去った。
 
 
「私」を捨て去ると、はち切れそうな感覚はなくなり楽になった。
 
突然の出来事でびっくりし、
かる〜くパニック状態にはなったが、
安心がやってくると、
そこには至福感しかなかった。
 
 
宇宙の大洪水が来るほんの数秒前と同じ部屋にいるのに、
全てがキラキラして見えて、何かが違っていた。
 
 
なにが起こったのかさっぱりわからなかったが、
絶対的にこれでいいという確信だけはあった。
 
 
まったく抵抗不可能な圧倒的な宇宙の大洪水の力により、
直感で「私」を捨て去ったが、
 
それが「私」との永遠の別れであることも確信した。
 
肉体の中から、
「私」は消え去り、
宇宙の存在の意識だけになった。
 
肉体は生きてはいるが、
「私」は死んでしまった。
 
それからは、
 
肉体は宇宙の存在の意識で動いている。
 
肉体は女なのに、もう、女なのか男なのかわからなくなった。
気分は中性なのだ。
 
不思議なもので中性であることが当たり前で自然で心地よく至福なのだ。
 
 
 
 
「私」は、
宇宙の大洪水により、
宇宙の存在の意識の中に溶け込んでしまったようだ。
 
oshoが話すように、
「私」という一雫が、
存在という海に溶け込んだようだった。
 
溶け込んでしまったから、
もう2度と「私」は見あたらない。
 
 
 
 
心の準備も予備知識もまったくなく、
突然の「私」との永遠の死別で、
少し寂しく思ったが、
 
宇宙全ての存在と一つである意識は
究極の静かで穏やかな至福感でいっぱいだった。
 
 
 
 
一瞬で明け渡してからは、
 
肉体は宇宙の存在の意識で動いている。
 
宇宙の存在の意識は愛だけの至福をも超越したような
言葉にならない感覚だ。
 
 
明け渡しで「私」が死ななければ、
「私」が宇宙の海に溶け込まなければ、
知ることがなかった至福を超えた体感だ。
 
全ては一つという体感による至福感は、
源泉の中にいる体感の至福感を
はるかに超越したものだ。
 
その超越した至福感は宇宙の大洪水の瞬間から
2度と消え去ってはいない。
 
 
この不思議な体験がなんであるのか?
さっぱりわからなかったが、
調べ探していると、
oshoの講話の本に辿り着いた。
 
oshoの講話のたくさんある本の中でも
1番引き寄せられた本がこの本だった。
 
そして自身の体験と同じことが詳しくoshoによって話されていた。
 
はじめて自分がなにを体験したのかを知った。
 
oshoが講話をしてくれて、
oshoのサニヤシン達が講話の記録を残してくださったおかげで、
自身に何が起こったのかを知ることができ、心から感謝をしている。
 
ありがとう。
 
 
 
 
oshoが講話で話すスーフィーの逸話のように、
「私」が死ななければ、
真の至福を知ることはできない、
真の愛を知ることはできない、
真理を知ることはできない、
その贈りものは得られない、
というのは体験からも確かだと思った。
 
 
oshoはこの講話の中でこう話す…
 
 
『それは、あなたが明け渡し(surrender)をして
自分を委ねさえすれば可能になる。
 
実際のところ、
もし明け渡し(surrender)をしたら、
ここで語られているような死がまさに実現する。
 
明け渡し(surrender)とは死のようなもの。
 
だからこそあなたがたは、
それほどまでに明け渡し(surrender)をすることを怖れるのだ。
 
あなたがたは自分を守ろうとする。
 
私から何かをかすめ取って、自分は今のままでいようとする…、
 
が、そんなことはできるものではない。
 
 
あなたは死ななければならない。
 
死んでこそはじめて何かがあなたに与えられる。
 
贈りものはすでに用意されている。
すでに包装されて、
あなたの名前が上に書かれている、
 
が、あなたのほうの用意ができていない。
 
 
あなたが死ぬまでは、
私からは何も得られない…。」
 
 
 
 
oshoを含めた導師たちの全ての努力は、
1人1人の内側を空っぽの状態にさせ、
自分の内側にある源泉を思いださせ、
全ては一つであるという本来の自然な状態、
無、虚空、真空の状態の光明enlightenmentの状態を思いださせることだ。
 
 
 
『この真空の内からすべてが生じてくる。
 
その無の内からすべてが生まれてくる。
 
その虚空から〈絶対〉なるものが生まれてくる。
 
 
しかし、
 
あなたが死ぬまでは、
 
それは可能ではない。』
 
 
 
はじめて読んだoshoの講話の本は、
『Until You Die / あなたが死ぬまでは』。
 
f:id:premmashal:20160605052743j:plain
 
この講話の英語のpdfはこちらからダウンロードして読めます。
 
Until you die
 
 
 
 
sammasatiサマサティ
(right remembrance)
正しく想起する。
 
 
『The last word of Buddha was, sammasati. 
Remember that you are a buddha – sammasati.』
 
 
瞑想と愛 meditation & love
 
 
 
beloved osho
prem mashal
 
f:id:premmashal:20170713120048j:image